Macchinesti product

エスプレッソの機械の悩み

JUGEMテーマ:マキネスティのエスプレッソ

今日は久しぶりに機械のチェックに行ってきました。
先ずは小型機、これは1連で100Vで動きます。
小型機

しっかりとした抽出が可能ですので電源に限度がある所でショットの品質にこだわりたい所に向いています。


焙煎器
これはアンティークの焙煎器です。手でぐるぐるまわして使います。


六連
数えると6連のクラシックのエスプレッソ機、しかもポンプは手動です。昔のバリスタはよほど腕力がないと大変だったようです。


さてこれが知る人ぞ知る一人の職人がはじめから終わりまで作る、世界で最も美しい機械の内部。下手なスポーツカーより高価です。機能的には素晴らしいのですが、何しろ一台一台同じもの無しで今の所70台しか作られていません。もちろんイタリアで手作り。


こっちは工場である程度量産されている機械の最新モデル、機能的には世界で最も進んでいる3機種の一つ。(後2機種はシアトルの別の会社2社で作られている)

アートを取るか機能を取るか?じっくりと考えなければいけません。ああ何とうれしい悩みなのでしょう!



この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM